逮捕勾留の書庫

脱法ハーブを使用して窃盗まがいの行為をした知り合いの男性

2016/08/20

知り合いが窃盗まがいの行為をした罪で逮捕されました。夜中にある店舗に強引に忍び込み、破壊と盗みをしようとした罪で現行犯逮捕されたものです。

そして尋常ではない様子から脱法ハーブを使用しての行為だと判明しました。

脱法ハーブを使用して自動車運転を行い事故を起こす例はよくニュースでも耳にする機会がありますが、脱法ハーブで窃盗行為をすると言うあきれた事件を起こしたのが、かつての同僚だった知り合いの男性です。

特に親しくしていたわけではないのですが、彼の姉が私の妻と友人で、まさか弟がこんな事件を起こすなどとても信じられないようで、かなりショックでふさぎこんでいるとのことです。

しかも弟に面会を申し出ても取調べを受けているため会わせてもらえることはなく、彼の姉もどうしてよいかわからず困り果てていたそうで、気の毒に思った妻が私に相談してきたので、私の知人の弁護士を紹介しました。

近年脱法ハーブの問題が急浮上しています。そもそもネーミングも脱法ハーブというなんとなくソフトな印象を受けるものですが、要は覚せい剤などと同じように精神的なかく乱状態に陥るいわゆる麻薬と同じです。

にもかかわらず法で規制ができないために覚せい剤などよりも安価で手に入れやすいことから、こうしたケースに陥りやすい状態を生んでいます。

勿論そんなものに手を出すほうがどう考えても悪いのですが、もう少し規制を強化しなければ同じような事件が起こりやすい状況だというのは確かです。

最新記事