逮捕勾留の書庫

怒りに任せて器物損壊容疑で逮捕された叔父

2016/09/15

父の弟である叔父は、昔から短気なところがあったけれど、曲がったことが大嫌いで私や妹の事は姪としてとてもかわいがってくれました。

自由人で定職についてはやめてを繰り返していて、祖母や私の父にいつも心配ばかりかけているようなひとでした。

その叔父が仕事上のトラブルで相手の会社で大暴れして器物損壊の現行犯で逮捕されたと連絡がありました。

父と祖母は慌てふためいて警察に出向いたのですが、叔父に直接あわせてもらうことは出来ずに酷く落胆して帰ってきました。

どうやら叔父の働いていた工務店で発注者からかなり理不尽な扱いを受け、腹に据えかねて相手の会社に怒鳴り込んで行き、会社の中で大暴れしてしまったということのようです。

怒鳴り込んでいった会社の人に幸いけがなどはなかったのですが、電話線は引きちぎる、窓ガラスは割るわで、現場の会社の事務所には相当の被害をもたらしてしまったらしいのです。

たしかに何かしらの理由があってのことだとは思うのですが、器物損壊で逮捕されてしまった以上叔父に弁解の余地はないと思います。

とにかく祖母も父も、そして私も妹も、叔父に会って話を聞きたいし、叔父が今どんな状態なのかも心配です。

どうしたらそれが叶うのかもわからないので弁護士に相談してこれからどうすべきなのか、叔父に対して祖母や父に何ができるのかも相談してくるそうです。

最新記事